誤解とはあらゆるところで多いものだと思う。

※こちらの記事は、2014年2月に執筆したものです。  誤解とはあらゆるところで多いものだと思う。思想・文化の面でさえ誤解でなりたっているのではないかと思う。 能役者である世阿弥の世界で「秘すれば花」という奥深い言葉があ 続きを読む 誤解とはあらゆるところで多いものだと思う。

首相の靖国神社参拝が絶えず近隣の国際問題になる。

※こちらの記事は、2014年1月に執筆したものです。  首相の靖国神社参拝が絶えず近隣の国際問題になる。 おそらくそれはその国と日本との死生観の違いによるのであろう。 理屈の問題ではない。死生観の違いを理屈で論争するから 続きを読む 首相の靖国神社参拝が絶えず近隣の国際問題になる。

いよいよ、「八重の桜」が終わる。

※こちらの記事は、2013年11月に執筆したものです。  いよいよ、八重の桜が終わる。 今回の大河ドラマは私には見ごたえがあった。 それはほとんど史実にもとずいており、それが敗者の側を描いた歴史であることである。半分の主 続きを読む いよいよ、「八重の桜」が終わる。

亀岡出身の石田梅岩の「都鄙問答(とひもんどう)」

※こちらの記事は、2013年11月に執筆したものです。  亀岡出身の石田梅岩の「都鄙問答(とひもんどう)」に 「儲けようという欲が強く、結局は不正の金儲けをして、愛すべき子孫が滅びてしまうのはなんとも悲しいことだ。」(古 続きを読む 亀岡出身の石田梅岩の「都鄙問答(とひもんどう)」

丹波といい亀岡といいここらあたりの歴史は面白い。

※こちらの記事は、2013年10月に執筆したものです。  丹波といい亀岡といいここらあたりの歴史は面白い。まずは篠村八幡宮に関わる。 1333年、鎌倉幕府末期である。後醍醐天皇や楠木正成達の鎌倉幕府倒幕運動である。鎌倉幕 続きを読む 丹波といい亀岡といいここらあたりの歴史は面白い。

数十年に一度の大雨で、「特別警報」がだされた。

※こちらの記事は、2013年9月に執筆したものです。  数十年に一度の大雨で、「特別警報」がだされた。  それこそ私の三才のころ、「二十八水」と言われる大洪水があった。昭和二八年、私の三才の時のことである。 私の家族は綾 続きを読む 数十年に一度の大雨で、「特別警報」がだされた。

神々の里とも言える亀岡は古来より神社が多い。

※こちらの記事は、2013年8月に執筆したものです。  神々の里とも言える亀岡は古来より神社が多い。 そのいわれの多くは日本の成り立ちからでてくる。 それらの神社がまつる神々にはイザナギとイザナミの神々夫婦の物語がある。 続きを読む 神々の里とも言える亀岡は古来より神社が多い。

また一段、段を下りたのかと思う。私は還暦をこえて少したつ。

※こちらの記事は、2013年7月に執筆したものです。  また一段、階段を下りたのかと思う。私は還暦をこえて少したつ。 サラーリマンの友人の大半はすでに第2の職場で働いているが、みていてやはり現役の頃とは勢いが違う。 自分 続きを読む また一段、段を下りたのかと思う。私は還暦をこえて少したつ。

京都車屋町通り御池上がる東側、というところがもちろん今もある。

※こちらの記事は、2013年6月に執筆したものです。  江戸時代から京都車屋町通り御池上がる東側、というところがある。今は中京区という行政区が挿入される。 私はこの場所こそ日本の近代の思想史の始まりだと思っている。 何を 続きを読む 京都車屋町通り御池上がる東側、というところがもちろん今もある。